2017年01月12日

和歌山県田辺市で龍神村の山林から見付かった男性の白骨化した遺体:殺人事件

和歌山県田辺市龍神村柳瀬の山林.jpg
報道写真
<2017年>の<1月12日>に和歌山県田辺市龍神村柳瀬の県道脇の山林でブルーシートに包まれた成人男性と

みられる遺体が見付かった事件で和歌山県警田辺署は<11日>に司法解剖を行なった結果の死因は背中を刺された

ことによる出血性ショック死とみられている、男性が死亡した時期は昨年の<12月>末日頃と推定されているが

和歌山県警田辺署は殺人死体遺棄事件と断定して和歌山県警田辺署に捜査本部を設置して遺体の<DNA型>鑑定

などで身元の確認を急ぐと共に遺体が遺棄された詳しい経緯を調べている、和歌山県警田辺署などによると遺体は

推定<40代>〜<60代>ぐらいと 見られている成人の男性で背中に致命傷になったと思われる刺し傷が<1ヶ所>

あり腕には腕時計とブレスレットを身に付けていたと捜査関係者は話している、和歌山県警田辺署は同日の朝に

捜査員 約<20人>体制で遺体が 遺棄されていた現場の周辺状況などの捜索を開始した、ブルーシートに包まれて

和歌山県田辺市龍神村柳瀬草刈り活動.jpg
報道写真
遺棄されていた遺体の中には身元を示すような所持品は携帯していないために県警は捜査範囲を広めて捜索して

遺留品の 有無などを調べるている 遺体は<10日>の朝に道路脇の山林の斜面を約<6メートル>下った場所に遺棄

されているのを、県道の清掃活動をしていた地元の中学校の生徒らが発見して、遺体を発見した生徒らが教師に

遺体を 発見したことを伝えて、学校側が電話で<110番>通報して状況を話したところ和歌山県警田辺署員が

通報を受けた現場に駆け付けて、この事件が明るみになった遺体の着衣の状況などは長袖のティシャツを着ていて

下半身にはジャージのトレーニングウェアのズボンを履いていた履き物は履いておらず体格は身長約<175センチ>

ぐらいでブルーシートに包まれた遺体は白い紐のような物で縛られていて遺体は遺棄されてから日数が経過して

いると思われている、遺体はかなり傷んでおり一部が白骨化した状態になっていたと捜査関係者は話している

和歌山県田辺市龍神村柳瀬1.jpg
報道写真

参考 引用元 メディア情報
posted by taka at 22:47| Comment(0) | 事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: