2017年01月23日

福島第一原発の事故で放射線物質が海に流れ続け遂に川まで汚染された

福島原発事故1.jpg

<2017年>の<1月23日>に福島の第一原発事故で放出された<放射性物質>は依然として首都園に

滞留しているのだろうか、不安の要素が尽きない東北の原子力発電所の災害に寄る事故で数値には出すことの

出来無い程の<放射線物質>が海に川にそして地下水に流れ込んでいる、此のようなことは初めから

予測が出来た筈なのだが人間は物事に対して考える力が浅過ぎる、福島の原発事故は想定内の範囲を

著しく超えた物で、あの災害に対処できる設備は今の日本にはないと思われるがその後の事故に対する対処が

悪すぎる、報道されてきたことが全て嘘に近い情報で嘘ばかり付いていて東京電力は保身のことばかり

考えていたようである、其れに便乗して日本政府も動いていたのだから酷くなるのは当たり前のことで未だに

福島原発は放射能汚染を処理が出来ていない、其のような中で報道が関東地区の川はどうなっているのか?

調査をし始めた 此の調査は<2016年>の新中川の下流域で全長が<70センチ>ほどの鯉を捕獲して調査に

当たるというものだが、新中川で捕獲した<鯉>からは<50Bq/kg>のセシウムが検出された、旧江戸川と通じる

新中川の江戸川区の下流域で鯉の捕獲を試みて見事に捕獲に成功した全長約<70センチ>の鯉をすり身にして

放射能測定所の<NAI>の<TI>シンチレーション検出器で測定したところ<50Bg/kg>のセシウムを検出した

鯉の身を乾燥させれば水分が除去されてセシウムが濃縮されるために更に高い数値が出ると言う単純な比較は

出来ないが 取材班が同じ時期に福島原発の沖あい約<3キロ>ほど離れた付近で釣り上げた<ヒラメ>から検出

されたセシウムは約<2・1Bg/kg>だったと言う調査した鯉は海水と単水が混在する汽水域に生息していた

鯉.jpg

潮の満ち引きで流れが変わる此のような区域では<放射線物質>が海洋に流失せずに滞留しやすいことも

関係していると推測が出来る、此の年末年始にはセシウムの数値が急上昇しているとのことで鯉では無いが

汽水域に生息する魚で 成長すれば約<1メートル>近くにも成る大型魚の<スズキ>で気になることがある

千葉県の銚子九十九里沖で昨年の<12月>から今年の<1月>に掛けて県が調査した<スズキ>のセシウム値が

急激に上がっているとの報告で 逆上って昨年の<1月>からのデータを見ると不検出か、せいぜい行っても

<1Bg/kg>程度だったのが 何故か年末年始にかけて上昇を続けて今年の<1月12日>に採取した物では

<69Bg/kg>を 計測している<スズキ>は 河川と外洋を回遊する魚で汚染の高い汽水域で被爆したのだろうかと

推測するも、千葉県水産局漁業資源課の担当者も首を傾げていた<スズキ>という魚は以前からセシウム値が

出易い魚なので注意はしていましたと話しながら他県の話になるのですが汽水域の<黒鯛>で高い

セシウム値が出る傾向が遭ったので同様の川で被爆している可能性はありますですが汚染値が上がっている

はっきりとした原因は分かりませんと述べている、しかし湖や沼も含めれば<100Bg/kg>を超える魚は

何種類も検出されているとのことです、首都園だけでも千葉や手賀沼の鯉やギンブナにモツゴや利根川の

ウナギなどには依然として出荷の規制が掛かっているのが現状のようですこうした<放射能汚染>と

向き合いながら生活して行くにはどうすれば良いのか沖縄琉球大学の<古川雅英>物理地球科学が

此のように述べている、健康リスクを真剣に心配するほどの汚染値では無いが其れでも汚染された食品を

魚スズキ.jpg

食べ過ぎれば過剰な被爆をしてしまうのは事実です其れに<50Bg/kg>と言う通常ならあり得ない汚染値が

魚から出たと言うことは、更に高濃度に汚染された魚が未だ何処かにいるかも知れないということが言える

国や自治体はモニタリングを継続することが一番に大切なことになるでしょうと述べている、更に取材班は

東京湾内と 東京湾に流れる河川の 合計<24>の地点で<放射能汚染>を調査してみたが其の結果は何と

<1000Bg/kg>を超えるスポットが<2地点>も遭ったと言う異常な濃度のセシウムが検出された<2地点>とは

なぜ此の様な事態になっているのか今一番に注目されている地域が千葉県の柏市で、その土壌を採取して

専門機関で調べたところに寄ると セシウムの<134>が<2万3663>ベクレルの数値が検出されてセシウムの

<137>が<2万8884>ベクレルという驚きの結果が出たきたようです福島の原発事故から発生する死の灰の

<放射線物質>は風に乗り雨に流されながら関東地域の全体を汚染する、そして福島原発の汚染された物質は

<200キロ>も離れた 遠方の土からも検出された<5万ベクレル>のセシウムの汚染された土壌を見て、汚染の

意味するものはと考えさせられる、最後に私が申し上げたいのは<放射線物質>を人間の人体に取り込むと

どうなるかは、皆さんは分かっていると思いますが人類で解明が出来ない不治の病になることを

考えなくてはいけません、病気になれば病院に寄っては人間のモルモットにされて死んで行く羽目に

なることも考えなくてはいけません、死の灰を浴びれば辛くて苦しい死が貴方を待っている事は確かな様です

千葉県地図.gif

続く
posted by taka at 16:39| Comment(0) | 科学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: