2017年05月12日

愛知県尾張旭市で特別天然記念物のニホンカモシカが住宅地に迷い込み捕獲される

愛知県尾張旭市の住宅街にニホンカモシカ.jpg
報道写真
<2017年>の<5月12日>愛知県尾張旭市井田町の住宅が密集する地域で午前<7時>頃に国の特別天然記念物の

ニホンカモシカがいるのを付近にいた住宅の住民が見つけて<110番>通報をした、通報を受けた愛知県警守山署が

現場になっている尾張旭市の住宅付近に駆け付けてみたところ、ニホンカモシカを見つけたため愛知県警と市の職員

らがニホンカモシカの捕獲を試みたが、ニホンカモシカは人間に追われたことで、凡そ<400メートル>離れた運送

会社の敷地内に 逃げ込んで行き、約<6時間>後に愛知県動物保護管理センターの職員が、捕獲のために使った吹き

矢によって麻酔をかけられて、捕獲されたこの天然記念物に指定されているニホンカモシカの捕獲に関わった人達に

怪我人などは出ていないと、関係者は話している尾張旭市などによるとニホンカモシカは、性別が不明で体長が凡そ

<1メートル>に、体重が推定で凡そ<40キロ>ぐらいだと思われていて、この後に檻に入れられて愛知県豊橋市の

動物園に移されていったが再び山に戻すかどうかなどの今後の対応は未だ未定だと関係者は話している、愛知県自然

環境課などによると特別天然記念物のニホンカモシカは愛知県内では東部の山間部などに生息していて<2015年>

度の調査では ニホンカモシカは凡そ<1800頭>ぐらい生存が確認されていて<10年>度よりも凡そ<500頭>余り

増えていると関係者は話している担当者は人里に降りて来ることは滅多になく住宅地に現れた理由は不明としている

愛知県尾張旭市の住宅街にニホンカモシカ1.jpg
報道写真

参考 引用元 メディア情報
posted by taka at 22:27| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: